バルコニー活用法♪

チャッカ情報

世界のユニークなバルコニーのチェア活用法

世界のバルコニーには、日本の常識では考えられないユニークなものがたくさんあります。日本のバルコニーのイメージは、いわゆるベランダ的なもので、屋根がついて洗濯物が干せるというイメージですが、世界ではいろいろな概念で利用されています。 例えば、カフェテリアの様にテーブルとチェアを並べて、日よけのパラソルを並べたり、布製の天蓋をつけてみたりといったものもあります。日本では雨に濡れないように、または濡れても良いものを置くという発想ですが、海外では雨の時はしまえばいい、または濡れることを気にするよりもおしゃれに楽しみたい、という発想が強いのです。高いところは風が強く、また周りから見られたりといった心配を日本ではしてしまいがちですが、そのようなことはあまり気にしません。 チェアにしても、日本の場合は鉄製やプラスチック製の物ですが、木製の布張りの物や、ソファーをおいてしまったりもするようです。高い位置から最高の景色を眺めながらゆったりとくつろいだり、食事をしたりといった用途にバルコニーは使われます。

バルコニーのメリット

バルコニーとは家の壁面部分に張り出した、手すりつきのスペースのことです。わかりやすく説明するなら、「ロミオとジュリエット」の中で、ロミオがジュリエットに会いに行ったあの場所が、バルコニーです。洗濯物を干すためのスペースとして使ったり、植木鉢を置いて植物を栽培したり、テーブルや椅子を置いて娯楽のスペースとしても使うなど、多くの用途があります。現代の日本なら、いまや多くの家で見かけることが出来ると思います。特にアパートやマンションについていることが多いのではないかと思います。アパートやマンションの中には、安全性の面からバルコニーを設置している所もあります。例えば、万が一地震などの災害でアパートやマンションの窓が割れた場合に破片が落ちて下の通行人に危険が及ばないようにするため、という具合です。また、火事などの際の脱出口としても利用することが出来ます。普段は洗濯物を干したりなど、日常の生活の中で大変便利な場所として利用することができますが、災害時にも役に立つなど、様々な利点があるのです。家を新築する際、作ることを決めたなら、出来る限り大きく作ることをおすすめします。洗濯物を干す際に楽々干すことが出来ますし、洋服だけでなく布団を干すためにも使うこともできます。エアコンの室外機を置く場所としても利用できますし、後々になって大きくしたいと思っても工事は困難です。そのため、作る際には大きく作っておくことに越したことは無いと思います。

recommend

オーディオ 買取
http://www.audio-kaitori-site.com/
大阪の携帯買取ショップ
http://kaumobile.jp/
登山 リュック
http://www.dream-brother.co.jp/SHOP/20077/list.html
CDプレス
http://www.sound-press.jp/
振袖のレンタルから販売までトータルサポート
http://furisode.joyful-eli.com/
COPY RIGHT (C) BeautifulBalcony ALL RIGHT RESERVED